皆さんご存知ニコレット。これは喫煙者に限らず一度は耳にしたことがありますよね。一般人としては安心度が高く、禁煙関連の製品の中でも手が出しやすい禁煙グッズです。

  • ホーム
  • ニコレットで禁煙、成功と失敗に分かれる理由

ニコレットで禁煙、成功と失敗に分かれる理由

タバコを吸っている男性

現代においては喫煙者に対する風当たりが強くなり、喫煙ができる場所も限定的となってきています。
そのため、この機会に禁煙をしようと考えている人もたくさん存在しています。
禁煙をしようとしている人たちが使用する禁煙グッズとして有名な物がニコレットという商品です。
ニコレットによる禁煙を実施した場合に、禁煙を成功する人と失敗してしまう人が存在します。
その違いはニコレットの特性を理解して服用しているかどうかという点です。
タバコを止められない原因には2つの依存が原因となっています。
その依存とは身体的依存と心理的依存の事を指します。
身体的依存とは、禁煙することによって身体の中のニコチン濃度が減少していきます。
そうすると、身体がニコチンを摂取したいと感じるようになり、イライラしたりする事を指します。
一方で心理的依存とは、仕事がひと段落した後に一服する、食後にタバコを吸うという習慣的行為をしていた事に対してタバコを吸いたいと思う事を指します。
ニコレットにはニコチンが含まれています。
そのため、禁煙時にニコレットを摂取することによって、身体的依存であるニコチン欠乏によるイライラやタバコを吸いたいという気持ちを抑制する効果があります。
言い換えますと、習慣的行動に対する抑制効果を期待する事はできません。
習慣的行動に対する欲求を我慢するためには、ニコレットとは別にタバコを吸うという行為の代わりになるもの、行動を見つける必要があります。
禁煙に成功している人と失敗してしまっている人の差は、ニコレットの効能をしっかりと理解し、習慣的行動に対しては別の方法を持って対処しているからです。
別の方法としては、ガムをかむ、水を大量に飲む等が挙げられます。

サイト内検索
人気記事一覧
  • 1
    タバコを吸っている男性
    ニコレットで禁煙、成功と失敗に分かれる理由 2018年12月27日 2 Views
最近の投稿
    アーカイブ